アロマ・占い・カウンセリングで幸せに生きていく

自分を許す…って、何を許すの?

2020/01/07
 
この記事を書いている人 - WRITER -
星よみアロマヒーリングセラピスト aijyu.。ふたりの息子の母親。心の暗黒時代を経て、人は皆、自分自身を癒す力があることを実感。幸せのヒントを発信したり、人が自分の価値に気づき、人生を輝かせるためのお手伝いをしたいです。お問い合わせ等は随時受けつけてます。インスタグラムもよろしく。https://www.instagram.com/aijyunoki

こんにちは。

気持ちを読み解いて、重い悩みを軽くするカウンセラーaijyuです。

 

 

最近よく言われていることに、「自分を許す」ということがあります。

 

なぜ「自分を許す」必要があるかというと、本当に取り組むべき問題に、向かっていけないからです。

 

たとえば「できない自分」や「悩んでいる自分」を許してあげないと、「できない」「悩んでいる」自分はダメなんだ、とますます自分を追い詰めてしまいます。

 

問題に取り組む前に、自分を責めることに労力を使ってしまいます。

 

でも、許す、許す、って言われても、

 

一体、何を許せばいいの? って思っちゃいますよね。

 

 

自分に許していいこと、とは?

あなたは、自分の色んなことを許していますか?

 

あれしちゃダメ、これを言ったらいけない、それはこうするもの、と、自分を縛っていることはありませんか?

 

手始めに、「自分を許せてない自分」を許してみましょう。

 

そのほかにも具体的に、いくつか挙げてみますね。

 

悩む自分を許す

まずは「悩んでいる自分」を許していいんです。

 

自分に、悩むことを許していい、とも言えますね。

 

悩み事があると、人はつい

「こんなことで悩んでいるのは自分だけ」

「悩むのは、自分に解決できる力がないからだ」

「悩んでばかりで、自分はなんて、うしろ向きなんだろう」

 

などと、悩みがあること自体にも、悩んでしまいます。

 

生きてれば、悩むことは当たり前のことです。

 

誰もが、悩みを口にしないだけで、けっこう悩みを抱えています。

 

悩むのは、その問題を、なんとかしようと頑張っていることです。

 

だから、悩んでしまう自分を、許していいんです。

 

正しくない自分を許す

私たちは、正しいことは良いことだ、という常識のなかで生きています。

 

日常生活でも会社や社会でも、つねに正しくあろうとします。

 

人との関わりのなかで、「正しく」振る舞ったほうが、皆がいい気分で過ごせます。

 

正しさは、確かに良いことですが、あまりに正しさを追求すると、苦しくなってしまいます。

 

誰でも少しくらい、ズルいことを、しているはずです。

 

停めてはいけない場所に車を停めたり、皆が出席するはずの会合などを休んだり…。

 

少しズルいことは、人によって様々ですが、それを自分で「私、少しズルいな」と認めていることが大切です。

 

自分のズルさを認めず、

「車をあそこに停めたのは、雨だったから」

「会合に出なかったのは用事があったから」

 

と、あくまで自分を正当化しようとすると、自分で自分を縛ることになります。

 

「正しくない自分」を認められないので、人から「それ変だよ」などと指摘されると、怒ったりしてしまいます。

 

怒るのは、本当は自分がズルいと知っているのに、認めたくないからです。

 

「私にもちょっとズルいところあるよね」とありのままを認めていいのです。

 

完璧な人など、どこにもいないのですから。

 

嫌いなあの人と、同じ自分を許す

あなたは、嫌いな人がいますか?

 

その人の、どんなところが嫌いですか?

 

実は、嫌いな人の嫌いなところというのは、自分の一部分なのです。

 

人の話を聞かずに、自分の話ばかりする人は、誰にでも嫌われる傾向にありますよね。

 

誰だって、自分の話を、人に聞いてもらいたい、という欲求があります。

 

自分の話ばかりする人は、その誰にでもある欲求のままに行動していることになります。

 

その人だけが、欲求のままに行動することで、ほかの人は同じ欲求を満たすことができません。

 

「あの人ばっかり自分の話をして!」と怒りたくなります。

 

その裏には、「自分も、自分の話をしたい」という欲求があるのです。

 

「自分の話をしたいけど、人の話も聞いてあげなくちゃ」と、自分本位ではないようにと、自分を戒めています。

 

ですから「あの人嫌い!」と感じたら、実はその嫌いな部分が、自分の満たされていない欲求であったり、自分にしてはいけないと戒めている部分であるかもしれません。

 

嫌いなあの人と似ている自分に気づいたら、嫌な気持ちがします。

 

でもそれは、本当のあなたの、欲求なのかもしれません。

 

私にも、こんな一部分があるんだな、とありのままを認めてあげていいのです。

 

自分を許すたび世界が変わっていく

少しずつでも、自分を許していくと、楽になれます。

 

余計な労力を使わず、本来取り組むべき問題へとエネルギーを使えます。

 

どんな自分でも許してあげることで、人や出来事、物事なども、許せるようになります。

 

「どうして私って…」「こんな私なんか…」と思ったら、「これが今の自分なんだ」と、許して認めてあげてみてくださいね。

 

 

ご相談、ご質問等はトップページ「お問い合わせ」よりお待ちしております。

インスタグラム、aijyunoki も見てね♪ https://www.instagram.com/aijyunoki

ライン登録で、無料お悩み相談(1案件のみ)できます。https://lin.ee/BzykP6c

ラインでの検索は @099jgaap

 

この記事を書いている人 - WRITER -
星よみアロマヒーリングセラピスト aijyu.。ふたりの息子の母親。心の暗黒時代を経て、人は皆、自分自身を癒す力があることを実感。幸せのヒントを発信したり、人が自分の価値に気づき、人生を輝かせるためのお手伝いをしたいです。お問い合わせ等は随時受けつけてます。インスタグラムもよろしく。https://www.instagram.com/aijyunoki

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© はみだし者カウンセラーaijyu , 2020 All Rights Reserved.