アロマヒーリング、星よみ、カウンセリングのトラインサイクルで

簡単! いつでもどこでもできる「太陽瞑想」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
星よみアロマヒーリングセラピスト aijyu.。ふたりの息子の母親。心の暗黒時代を経て、人は皆、自分自身を癒す力があることを実感。幸せのヒントを発信したり、人が自分の価値に気づき、人生を輝かせるためのお手伝いをしたいです。お問い合わせ等は随時受けつけてます。インスタグラムもよろしく。https://www.instagram.com/aijyunoki

 

最近、学ぶことが多く、瞑想してませんでした。

 

そしたら体がガチガチになってたみたいで、アロマの香りを感じられなくなりました。

 

香りを薄くしか感じられなくなり、そういえば私、一所懸命嗅ごうとしすぎてて、歯をくいしばってたかも…、とアロ魔女さんに教えてもらいました。

 

太陽瞑想とは?

以前見ていた気功のサイトに載っていたものです。

 

 

太陽の光を浴びながら瞑想するもので、朝日の光であれば最高です!

 

太陽瞑想のやり方

軽く肩を回したり、体をほぐしたりしてからのほうが、やりやすいです。

  • 光が当たるところに立ち、体の力を抜くようにします。
  • 目をつぶり、自分の体が透明なこんにゃくのようになったと想像します。
  • 透明なこんにゃくのような体に太陽の光が当たり、じんわりと光が満たしていくにつれ、温かくなっていきます。
  • 光が満ちるとともに、体の痛いところや重いところが、黒い塊になって表れてきます。
  • 光の温かさが、黒い塊を柔らかくして溶かしていきます。
  • 溶けた黒い液が体の外へ流れ落ち、ポタポタ垂れていきます。
  • やがて黒い塊はすべて流れ落ち、蒸発して消えて無くなります。
  • 透明なこんにゃくだけになった体は、太陽の光を充填し、内側からさらに明るい光で輝きます。

 

太陽の光が当たるところならどこでもできる

朝の空気は澄んでおり、生まれたての朝日は浄化の力があります。

 

 

できれば朝日が望ましいのですが、太陽の光を感じられるところなら、どこでもできる瞑想法です。

 

 

バス停や駅のホーム、天気のいい日には歩きながらなど、目をつぶらなくても、体に意識を集中できればいいです。

 

 

光を受けることで、自分の中でより大きな光として、内側から発するのです。

 

 

日差しが眩しい、と感じたら、太陽があなたにエネルギーを与えてくれているのです。

 

 

自分のエネルギーとなるように、取り込んでいきましょう♪

 

この記事を書いている人 - WRITER -
星よみアロマヒーリングセラピスト aijyu.。ふたりの息子の母親。心の暗黒時代を経て、人は皆、自分自身を癒す力があることを実感。幸せのヒントを発信したり、人が自分の価値に気づき、人生を輝かせるためのお手伝いをしたいです。お問い合わせ等は随時受けつけてます。インスタグラムもよろしく。https://www.instagram.com/aijyunoki

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© わたしは幸せに生きていく , 2019 All Rights Reserved.