アロマヒーリング、星よみ、カウンセリングのトラインサイクルで

疲れやストレス…甘いもの効果と脱却

2019/09/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -
星よみアロマヒーリングセラピスト aijyu.。ふたりの息子の母親。心の暗黒時代を経て、人は皆、自分自身を癒す力があることを実感。幸せのヒントを発信したり、人が自分の価値に気づき、人生を輝かせるためのお手伝いをしたいです。お問い合わせ等は随時受けつけてます。インスタグラムもよろしく。https://www.instagram.com/aijyunoki

甘いものを食べると幸せを感じます。

 

しかし、ストレスや疲れ対策として、継続的に甘いものを摂ることは、あまり良くないとも言われています。

 

疲れやストレスに、なぜ甘いものが効果があるのが、そしてなぜ、それがあまり良くないことなのでしょうか。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブータン 国民の幸せをめざす王国【電子書籍】[ 栗田靖之 ]
価格:1944円 (2019/7/8時点)

楽天で購入

 

 

 

疲れやストレスと甘いものの関係

甘いものを食べると、実際に疲れやストレスが軽減されます。

 

私もチョコレートが大好きで、個包装された大袋のチョコを常備し、気が向いたときに一日何回も食べていました。

 

甘いものを食べるとセロトニン分泌が増える

リラックス感や、幸せ感を感じさせてくれるホルモンであるセロトニン。

 

 

甘いものを食べると、このセロトニン分泌量が増えるそうです。

 

 

セロトニンの材料は、トリプトファンというアミノ酸です。

 

 

セロトニンは、脳と腸で生成されます。

 

 

甘いものを食べると、血糖値が急激に上がります。

 

 

上がった血糖値を下げるために、インスリンというホルモンが分泌されます。

 

 

インスリンは、脳にトリプトファンが取り込まれるのを、促進する作用があります。

 

 

トリプトファンが増えるので、セロトニンが多く分泌され、「幸せ感」を感じやすくなります。

 

満腹中枢を刺激する

セロトニンは、脳の満腹中枢を刺激する作用もあります。

 

 

セロトニンが増えると、それだけ満腹感を感じることになります。

 

 

お腹がいっぱいだと幸せを感じるので、セロトニンの作用によって、幸せ感を感じやすくなります。

 

 

甘いものへの依存

 

甘いものによって幸せ感は感じられますが、血糖値の上げ下げをくり返すため、体に負担がかかってしまいます。

 

 

くり返しているうちに自律神経のバランスが乱れやすくなり、かえって疲れやすくなったり、気分が落ち込みやすくなることもあります。

 

 

また、甘いものには依存性があるので、特に疲れやストレスを感じなくても、惰性的に食べたくなってしまう恐れもあります。

 

チョコの代わりにナッツ

私も、甘いものは良くないと知りつつ、日常的に食べることを続けていました。

 

 

もともと疲れやすいこともあり、甘いものを欲しがってばかりいるのは不便だと感じていました。

 

 

そこで、体にいいものを日常的に取り入れていく努力を、少しはしてみようと思い、甘いものの代わりに、ナッツを食べることにしました。

 

 

ナッツは少々高価ですので、ネットなどで大袋のミックスナッツを買い、チョコの近くに置いておきました。

 

 

「チョコ食べたい」と思ったら、ナッツをひとつまみ食べるようにしました。

 

 

なるべくナッツだけで済ませるように、と心がけてはいましたが、はじめのうちは、チョコもナッツも両方ひとつまみずつ食べたりしていました。

 

 

ナッツだけで済むようになった

チョコも食べたり、ナッツだけだったり、両方食べたり…、を半年以上は続けたかと思います。

 

 

気がついたら、ほぼ毎日、ナッツだけで気が済むようになりました。

 

 

それでもやっぱり甘いものが欲しくなるので、チョコやスイーツも食べますが、日常的にチョコを食べるという状態ではなくなりました。

 

 

チョコ脱却が成功したのは、「頑張り過ぎなかったこと」だと思います。

 

 

はじめのうちは、チョコも食べていましたが、時々ぐっと我慢する時もありました。

 

 

「何日までに」という設定もしませんでしたし、気楽にナッツを食べていました。

 

 

ただ、「チョコよりナッツのほうが良い」という想いだけは、常に持ち続けていました。

 

 

ナッツは朝にも良いそうなので、朝食後にもひとつまみ食べています。

 

 

体や心の変化

チョコ脱却を果たしてから、体の調子が変わったかはよく分かりませんが、気持ちは楽になった気がします。

 

 

以前は「チョコ食べたい」「チョコがないから買ってこなきゃ」と、チョコがないと何となく不安な気持ちがしていました。

 

 

今は「なくても大丈夫」と思えるので、気が楽です。

 

 

ナッツはそれほど依存性がないのか、「なくなったら買う」くらいの感覚でいられます。

 

 

でもやっぱり甘いものは、おいしいし好きですし食べたくなるので、食べたい時には食べるようにしています。

 

 

我慢が一番、体に良くないですからね。

 

 

 

・・・・・・

ありがとうございます。


自己啓発ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 願望実現へ
にほんブログ村

この記事を書いている人 - WRITER -
星よみアロマヒーリングセラピスト aijyu.。ふたりの息子の母親。心の暗黒時代を経て、人は皆、自分自身を癒す力があることを実感。幸せのヒントを発信したり、人が自分の価値に気づき、人生を輝かせるためのお手伝いをしたいです。お問い合わせ等は随時受けつけてます。インスタグラムもよろしく。https://www.instagram.com/aijyunoki

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© わたしは幸せに生きていく , 2019 All Rights Reserved.