アロマヒーリング、星よみ、カウンセリングのトラインサイクルで

未来を理想通りにするために、今できること

2019/06/29
 
この記事を書いている人 - WRITER -
星よみアロマヒーリングセラピスト aijyu.。ふたりの息子の母親。心の暗黒時代を経て、人は皆、自分自身を癒す力があることを実感。幸せのヒントを発信したり、人が自分の価値に気づき、人生を輝かせるためのお手伝いをしたいです。お問い合わせ等は随時受けつけてます。インスタグラムもよろしく。https://www.instagram.com/aijyunoki

未来を思う

未来は、今の自分の延長線上にあります。

 

 

望む未来を創ることは、まず「今」をそこへ向けて軌道修正していくことです。

 

 

どんな未来を望むかは、今のあなたが決めることです。

 

過去と未来

幸せな望む未来を手に入れるためには、過去の嫌な出来事などを断ち切る必要があります。

 

 

断ち切るのは簡単ではありません。過去に受けた傷や痛みは、無意識レベルにすりこまれているからです。

 

 

「前にも同じようなことがあった。だから、どうせまた同じだろう」と、つい思ってしまいます。

 

 

過去の経験を教訓にして、私たちは生きているからです。

 

 

過去の経験がなければ生きていくことはできません。

 

 

けれど必ずしも、過去に縛られる必要はないのです。

 

「現在」の意味

未来は、過去の延長とは限りません。

 

 

未来を変えるために、現在があるのです。

 

 

自分の身に起こる出来事や人間関係は、けして一方的なものではなく、相対的なものです。

 

 

言ってみればキャッチボールのようなものです。

 

 

こちらの投げ方次第で、相手の受け取り方や返し方も違ってきます。

 

 

未来が過去の延長だと感じてしまうのは、自分のボールの投げ方のパターンが決まってしまっているからです。

 

 

投げ方を変えるためには、過去を知ったうえで、今=「現在」から変えていけばいいのです。

 

望む未来を叶えるために

過去のやり方を卒業して、新しいやり方を手に入れるのは、簡単ではありません。

 

 

今まで何年も、何十年も、無意識にすりこまれ、当然すぎて意識することのないことだからです。

 

 

やり方を変えるには多少の根気とコツがいります。

 

とにかくくり返す

考えはそう簡単に変わらないので、くり返すことが大事です。

 

 

数回、試してみて、変わらなかったからやっぱりダメだ、と思うと、また元のやり方に戻ってしまいます。

 

 

何年も、何十年も続けてきたやり方が、そう簡単に数日や数か月で変わるわけがありません。

 

 

気がつくと、すぐ元の自分のやり方に戻ってしまっているので、紙に書いて何度も見たりして、あきらめずにくり返し自分に言い聞かせます。

 

 

やっぱりダメだな、と落ち込んだときこそ、またそこから始めましょう。

 

 

「やっぱりダメだ」と思うこと自体が、今までの自分のやり方に囚われています。

 

 

「やっぱりダメだ」と感じたら、「あ、いやいや、ここから変わるんだ」と思い直すようにしましょう。

 

いろいろな方法を試す

やり方には実に様々な方法があります。

 

 

人の数だけやり方がある、と言えるかもしれません。

 

 

これいいな、と思ったらどんどん試してみましょう。

 

 

試してみることで、しっくり来るものや来ないものが分かります。

 

 

ひとつがダメでも、また他の方法があります。

 

 

その時に思いつくものをやってみればいいのです。

 

 

前にダメだった方法でも、また試したらしっくり来ることもあります。

 

具体的な考え方

望む未来のための具体的な例をいくつか挙げます。

 

 

まずは自分が今まで、過去にはどんなやり方をしてきたのかに気づくようになることです。

 

未来への不安を感じた時がチャンス

私たちが感じる不安や心配、恐れは、まだ起きていない未来に対するものです。

 

 

「嫌だな…」「またか…」など不安な気持ちになったら、自分の考え方を知るチャンスです。

 

 

「どうして不安なのか? 」「何が心配なのか? 」と自分自身に尋ねてみましょう。

 

 

「○○すると嫌だから」「どうせまた○○になるから」という恐れる理由があるはずです。

 

 

「今こう」だから、未来は恐れる「○○になる」という自分の考え方のクセを見つけましょう。

 

 

望んでいる未来を思い描く

今までと同じ、どうせこうなる…、と思ってしまったとき、本当は、どういう未来を自分は望んでいるか、を考えてみましょう。

 

 

実際どうなるか、ではなく「どうなってほしいのか」「どうなりたいのか」をできるだけ具体的にワクワクしながら思い描きます。

 

 

「今はこう」だとしても「△△になってほしいなあ」「△△になるといいなあ」といった感じです。

 

 

そして、望む「△△になった」と仮定したとき、自分はどういう感情を持つのかを想像します。

 

 

嬉しい、楽しい、幸せ…、などプラスの感情を存分に味わうようにします。

 

 

望みが叶ったときの自分の状態を、先に叶えてしまうのです。

 

 

プラスの感情を感じることで、すでに不安や恐れでいっぱいだった「現在」の状態が変わります。

 

 

その「現在」が「未来」へつながる土台となります。

 

思いつく限りの可能性を挙げてみる

「こうなったらいいな…」の可能性は、思いつく限り考えてみましょう。

 

 

「△△だといいな。でも□□でもいいな…」と、たくさん考えるとだんだん楽しくなってきます。

 

 

可能性をたくさん考えることで、認識できる自分の望みを増やしていけます。

 

 

また違った状況でも、前に思いついた望みを思い出し「こっちの場合なら、この望みに近いんじゃないか? 」と、結びつけやすくなります。

 

 

望みが多くても遠慮せずに考えていいのです。

 

 

望みが多いほど、幸せを感じることが増えることになります。

 

 

自分がどんなことに幸せを感じるのかを知ることができます。

 

幸せになるために

何が幸せか、どうなるのが望みか、は自分にしかわかりません。

 

 

不安や心配、恐れを感じたら、常に自分自身に問いかけるようにするといいです。

 

 

負の感情の裏には、本当のあなたの望みが隠れています。

 

 

本当のあなたの望みこそが、あなたを幸せにしてくれます。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 願望実現へ
にほんブログ村


自己啓発ランキング

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
星よみアロマヒーリングセラピスト aijyu.。ふたりの息子の母親。心の暗黒時代を経て、人は皆、自分自身を癒す力があることを実感。幸せのヒントを発信したり、人が自分の価値に気づき、人生を輝かせるためのお手伝いをしたいです。お問い合わせ等は随時受けつけてます。インスタグラムもよろしく。https://www.instagram.com/aijyunoki

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© わたしは幸せに生きていく , 2019 All Rights Reserved.