アロマヒーリング、星よみ、カウンセリングのトラインサイクルで

あなたの悩み解決方法は、あなたの感情の中にある

2019/09/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -
星よみアロマヒーリングセラピスト aijyu.。ふたりの息子の母親。心の暗黒時代を経て、人は皆、自分自身を癒す力があることを実感。幸せのヒントを発信したり、人が自分の価値に気づき、人生を輝かせるためのお手伝いをしたいです。お問い合わせ等は随時受けつけてます。インスタグラムもよろしく。https://www.instagram.com/aijyunoki

ちょっとしたことで怒ったり悲しんだり…。

 

もうこんな想いはしたくない、と誰もが思います。

 

嫌な感情に振り回されない自分になるヒントは、その怒りを感じさせる感情のなかにあります。

 

怒りのなかにある感情を探っていきましょう。

怒りの裏にある感情を探る

「あー、また怒っちゃった…」って思うこと、ありますよね。

 

 

怒ってしまった出来事に加えて、怒ってしまったこと自体に対する罪悪感のようなものを感じて、気分はもう最低です。

 

 

落ち込むことはありません。怒ってしまったときは、自分の思いこみを知るためのチャンスなのです。

 

1.怒りを存分に感じる

怒ってしまった時にまずすることは、その怒りを存分に感じることです!

 

 

怒りの対象である相手や状況などに対して、思いっきり怒りをぶつけましょう。

 

 

ただし自分の心の中や、ひとりでいる時だけにします。

 

 

実際に相手に思う存分怒りをぶつけたら、ケンカになったり取り返しのつかない事態になってしまいます。

 

 

トイレの個室に入って想いをつぶやいたり、チラシの裏に文句を書き出したり、ひとりの部屋なら物を壊さない程度にクッションを投げたり殴ったりしてもいいです。

 

 

どんなに汚い言葉で罵っても構いません。ただし、自分の中だけでです。

 

2.自分を慰める

怒りを感じたら、次は自分を慰めましょう。

 

 

自分を慰めることは決して自分を哀れむことではありません。

 

 

「不当な扱いをされて悔しかったね」「ひどい言葉を言われて悲しかったね」など、その出来事によって自分がどう感じたのかを言葉で明確に表して、きちんと認識するのです。

 

 

自分がどう感じたのかをきちんと認識することで、ただの「怒り」として噴き出すもとになった感情を知ることができます。

 

 

自分の本当の感情を、自分できちんと認めてあげられることになるのです。

 

3.本当の気持ちを考えてみる

次に、その出来事に対して、自分は本当はどうしてほしかったのか、どうなりたかったのかを考えます。

 

 

「本当は○○してほしかった」「本当は○○なようになりたかった」という本当の気持ちです。

 

 

自分の本当の気持ちがわかれば、現実の出来事が自分の望み通りにならなかったから、自分は怒ったのだ、と納得できます。

 

 

そこでもまた自分を慰めます。

 

 

「望み通りにならなくて残念だったね」「本当は○○してほしかったのに悲しかったね」など実際に声を出して言ったりしましょう。

 

 

自分の気持ちをよく分かってあげられるのは、自分だけなのです。

 

気持ちを探る時の注意

自分の気持ちを探る時、当時の出来事を思い出す必要があります。

 

 

その時の気持ちを思い出して、実際につらくなったり悲しくてどうしようもなくなることがあります。

 

自分を労わる

思い出す作業をしていてつらくなったら、いったん作業を中止しましょう。

 

 

そして頑張って思い出した自分を労わります。

 

 

温かい飲み物を飲んだり、毛布にくるまったり、ぬいぐるみを抱きしめたりと、ホッとできることをしましょう。

 

 

作業を再開したかったら続けてもいいですが、無理をしなくていいです。

 

 

当時のつらい気持ちを思い出し、認め、慰めることができただけでも感情は解放されます。

 

 

「あー、自分は本当は○○したかったんだ、○○してほしかったんだなあ…」と、じんわりと自分の本当の気持ちを感じてあげましょう。

 

体に不調を感じる

気持ちというのは、体で感じるものなので、作業をしていると体のどこかが痛くなったりすることがあります。

 

 

学校や会社へ行きたくなくてお腹が痛くなるのと同じです。

 

 

そういった時にも作業を中止して、体の痛い部分やつらいところを撫でたりさすったりして、労わってあげましょう。

 

 

気分が落ち込むと姿勢も悪くなります。無理に正そうとせず、体がしたいように感じるままにさせてあげましょう。

 

 

ストレスなどは、体の弱い部分に出やすいものです。たびたび不調になるところがあったら、少しそこを酷使しすぎているのかもしれません。

 

 

「いつも頑張ってくれてありがとう」と、体にもお礼を言いましょう。

 

無理せず気持ちを吐き出していく

これまで、あまり自分の感情を感じてこなかった人は、抑圧された感情が溜まっています。

 

 

思い出す作業をすることで、認めてもらいたかった感情が、一気に次々と噴き出してくることがあります。

 

 

浮かんでくる出来事や感情を、どんどん紙などに書き出していくといいでしょう。

 

 

あとから、ひとつひとつの感情にゆっくり向き合えば良いのです。

 

 

自分を労わりつつ、無理せずに思い出していきましょう。


カウンセリングランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心身症・不登校へ
にほんブログ村

この記事を書いている人 - WRITER -
星よみアロマヒーリングセラピスト aijyu.。ふたりの息子の母親。心の暗黒時代を経て、人は皆、自分自身を癒す力があることを実感。幸せのヒントを発信したり、人が自分の価値に気づき、人生を輝かせるためのお手伝いをしたいです。お問い合わせ等は随時受けつけてます。インスタグラムもよろしく。https://www.instagram.com/aijyunoki

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© わたしは幸せに生きていく , 2019 All Rights Reserved.