アロマヒーリング、星よみ、カウンセリングのトラインサイクルで

幸せになるには、とにかく何でも食べてみよう

2019/09/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -
星よみアロマヒーリングセラピスト aijyu.。ふたりの息子の母親。心の暗黒時代を経て、人は皆、自分自身を癒す力があることを実感。幸せのヒントを発信したり、人が自分の価値に気づき、人生を輝かせるためのお手伝いをしたいです。お問い合わせ等は随時受けつけてます。インスタグラムもよろしく。https://www.instagram.com/aijyunoki

「幸せになること」と「食べること」どこか似ています。

 

今あなたの毎日が「なんか幸せじゃない…」と感じるとしたら、もしかして食べ物の好き嫌いがありませんか?

 

食べ物の好き嫌いがあったり、食べ物へのこだわりが激しい人は、「幸せ」と縁遠いことがあります。

食べ物の好き嫌いは幸せを遠ざける

目の前に出された食べ物を、「これ嫌い」「味つけが気に入らない」「これは私、食べたくない」などと拒む人がいます。

 

 

それは、目の前にあるものの恵みを受け取れないということです。

 

 

自分のところへ巡ってきたものを拒み、「あっちがいい」と、目の前にないものを求めています。

 

 

食べ物自体だけでなく、味つけにも同じことが言えます。

 

 

「薄い」「濃い」「変な味」「私には合わない」と、調味料などで自分好みに変えてしまうのは、目の前にあるものの良さを認めようとしないことです。

 

 

もちろん苦手だったり、とても受けつけられない食べ物など、個人の好みもありますが、「食べなれていないこと」とは違います。

 

 

少し抵抗があるものでも思いきって食べたり、食べ続けたりすることで、美味しく感じたり、抵抗がなくなったりしていくものです。

 

食べ物だけでない「選り好み」

食べ物の好き嫌いがある人は、食べ物だけでなく、人や出来事、道具や身の回りのものなど、すべてを選り好みする傾向にあります。

 

 

モノに対して、デザインや使い勝手などにこだわり、吟味することは必要です。自分のものにするならば、できる限り気に入ったモノを手に入れたい、と当然思います。

 

 

ただ、何に対しても、自分が納得いくまでこだわっていると、少しでも不満なところがあった場合、そのすべてに対して否定的になってしまいます。

 

 

「ここは良いけど、こっちが悪いから、これはダメなモノだ」といったように、そのモノの良いところが見えなくなります。

 

 

それはひとつの「考え方の癖」なので、食べ物だけでなくすべてのことに対して、そういう見方をするようになります。

 

自分好みの世界

すべてに対して、自分好みを追求するようになると、自分の世界は変わりません。

 

 

食事は、1日3食を365日毎日、何年も、死ぬまでくり返し続いていくものです。

 

 

それだけの回数を、毎回、目の前に出されたものを、「これは食べられない」「これは嫌」と選り好みをくり返すことになります。

 

 

今の時代、好きなものを好きなだけ、好きな時に食べられることが多く、目の前に出されたものを甘んじて食べる機会が少なくなっています。

 

 

一人暮らしをしている人も多いので、食事も自分の好きなものに偏りがちです。

 

 

未知のものへの冒険がなかなかできず、つい安心できる自分好みのものを選んでしまうので、世界が広がりにくくなります。

 

今、目の前にあるものの恵みを受け取る

食事の基本は、出されたものはすべて、残さず頂くことです。

 

 

はじめて見る得体の知れない食べ物や、苦手なものであっても、とりあえず一口、そのまま頂きます。作ってくれた人、給仕してくれた人への礼儀でもあります。

 

 

そのうえで、とても食べられない、と感じたら、調味料などで味を調整しても良いでしょう。ほかの食べ物と一緒に、味を紛らわして食べる方法もあります。

 

 

我慢はするべきではありませんが、できるだけ残さないようにするのが良いと思います。

 

 

目の前にあるものは、今、あなたのために用意されたものです。

 

 

あなたはどれだけの恵みを、そこから受け取ることができるでしょうか。

 

食べ物をなんでも食べることで、幸せが増える

「出されたものをすべて食べる」「とりあえず、そのまま頂く」ことで、「あ、これ結構おいしい」「こんな味もあるんだ」という発見もあります。

 

 

自分好みにしてばかりいたら、それ以上のものは得られません。

 

 

そこにある、ありのままの味を頂くことで、新しいおいしさを知ることができます。

 

 

新しいおいしさを知ることは、おいしいもの、好きなものが増えることです。

 

 

好きなものが増えれば、幸せを感じるものが増えます。

 

 

すべてを「おいしい」と感じられなくても、「おいしく感じる部分」を探してみましょう。

 

 

「ちょっと酸っぱいけど、歯ごたえがよい」「そのままでは抵抗あるけど、ごはんと一緒に食べるといい」など、良いところを見つける癖がついていきます。

 

 

「幸せ」についても、同じではないでしょうか。

 

 

・・・・・

ありがとうございました。

 


自己啓発ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 願望実現へ
にほんブログ村

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

禅が教えてくれる美しい人をつくる「所作」の基本 (幻冬舎文庫) [ 枡野俊明 ]
価格:540円(税込、送料無料) (2019/7/1時点)

楽天で購入

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
星よみアロマヒーリングセラピスト aijyu.。ふたりの息子の母親。心の暗黒時代を経て、人は皆、自分自身を癒す力があることを実感。幸せのヒントを発信したり、人が自分の価値に気づき、人生を輝かせるためのお手伝いをしたいです。お問い合わせ等は随時受けつけてます。インスタグラムもよろしく。https://www.instagram.com/aijyunoki

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© わたしは幸せに生きていく , 2019 All Rights Reserved.