アロマヒーリング、星よみ、カウンセリングのトラインサイクルで

ぼんやりの大切さ、ぼーっとする効果で幸せになれる

2019/09/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -
星よみアロマヒーリングセラピスト aijyu.。ふたりの息子の母親。心の暗黒時代を経て、人は皆、自分自身を癒す力があることを実感。幸せのヒントを発信したり、人が自分の価値に気づき、人生を輝かせるためのお手伝いをしたいです。お問い合わせ等は随時受けつけてます。インスタグラムもよろしく。https://www.instagram.com/aijyunoki

「ヒマだなあ」「退屈…」電車やバスの待ち時間、家にいて特にすることがない…。

 

せっかくのぼーっとするチャンスなのに、テレビやゲーム、スマホで潰してしまうのはもったいない!

 

実は、ぼーっとする時間は、幸せになるために、大切な時間なのです。

 

ヒマ、退屈な時間

勤勉、真面目と言われている日本人の風潮もあってか、「ヒマ」や「退屈」というのは「つまらない」「良くない」というイメージがあります。

 

 

ちょっと時間が空くと、人々はスマホなどで、空いた時間を隙間なくビッチリと埋めようとします。

 

「ヒマ」や「退屈」は良くないこと?

普段、仕事などで忙しい私たちは「のんびりしたい…」「何にもしないでいたい…」と願っています。

 

 

「のんびり」や「何もしない」というのは、「ヒマ」や「退屈」な時間を持つ、ということではないでしょうか。

 

 

「ヒマ」「退屈」な時間を持ちたいと思っているのに、実際に「ヒマ」「退屈」な時間があると、何かで埋めようとしてしまっている…。

 

 

もてあます時間があることは、本当はとっても贅沢なことなのに、実際には、時間をもてあます贅沢には浸れない、ということです。

 

 

時間をもてあますことは、「なんだか時間がもったいない」「時間の無駄」と思ってしまう貧乏根性があるのでしょう。

 

 

せっかく休暇をとってバカンスに行ったのに「こんなにのんびりし過ぎてはダメだ」「時間があまってもったいない」などと感じて、ちゃんと休息を取れないような人もいます。

 

 

誰もが望む、優雅で贅沢な生活の条件のひとつは、「時間に縛られないこと」ではないでしょうか。

 

「何かに従事すること」に慣れきってしまっている

少しでも時間が空くと、ぼーっとしていられない、そのままそこにいられない。「何かしないと」「楽しまなくちゃ」と自分を追い立てる…。

 

 

私たちは「何かをすること」に慣れ過ぎて、当たり前すぎることになってしまっています。

 

 

音楽、テレビ、ラジオ、ネット、ゲーム、スマホ…。

 

 

つねに、何かをしていないといられない、というのは、何かに自分を依存させていることと同じです。

 

 

自身の存在の拠りどころを「何か」に求めていることになるので、本当の意味で自分に自信を持てなくなってしまいます。

 

 

何もなくても、何かをしていなくても、あなたはあなた、そこにただいるだけでいいのです。

 

ぼーっとする効果

「ぼんやり生きてんじゃねえよ」と怒られたとしても、ぼーっとすることには、かえって脳の働きを良くする効果があるのです。

 

 

疲れたら眠ることで、また元気になります。休息を取るからこそ、歩き続けることができます。

 

 

ぼーっとする時間を取ることで、人生はさらに輝くのです。

 

脳の能力がアップする

ぼーっとすることは、外からの刺激に反応せず、特に何も考えない、ということです。

 

 

「静けさは脳に必要! 「静寂」の効果」で書いたように、現代のように多くの刺激がある環境では、脳はつねにストレス状態にさらされていると言えます。

 

 

ぼんやりすることで、脳が仕事を一旦やめ、力を蓄え回復することができます。

 

 

実は、ぼんやりしている時の脳は、記憶を思い出す「楔前部(けつぜんぶ)」と、価値判断を担う「前頭葉内側」が活発に動き、情報を整理して定着させるよう働いています。

 

 

人は眠ることで、必要な情報と不必要な情報を分け、必要なものは記憶として定着させる、と言われています。

 

 

勉強する時も、その前後に2~3分ずつ、ぼんやりタイムを入れることで、記憶力アップが期待できるそうです。

 

 

また、過度な刺激から離れることで、情動を司る偏桃体への負担が減るので、海馬の細胞が成長し、ストレスへの抵抗力が強くなるといわれています。

 

直感が冴えるようになる

ぼーっとすることで、何も考えず、ある程度、外からの刺激をシャットダウンすることができます。

 

 

意識や感覚が外ではなく、自分自身へ向くようになります。

 

 

これは瞑想と似ていて、無意識とつながりやすくなる状態です。

 

 

何をしたいか、何を食べたいか、何をどんな風にしたら良いか…、などの答えが出てきやすくなります。

 

 

この答えとは、つまり自分自身が持っているものなのです。

 

 

外へ意識が向かないぶん、自分自身の内なる声を、より良く聞くことができるようになります。

 

 

ぼーっとする時間を持つことで、誰よりも身近で大切な「あなた自身」、とつながれるようになります。

 

メリハリをつけてぼんやりする

ぼーっとしてればいいのか、と言っても、いつでもぼーっとしてればいい、というわけではありません。

 

 

何事にも、メリハリは大事です。

 

疲れたな、と感じたとき

ひと通り仕事を片づけて、ふと気づいたら「なんか疲れた」と感じた時、ちょっとぼんやりしてみましょう。

 

 

5分から10分くらい、ぼーっとするのが効果的だそうですが、数分間でも構いません。

 

 

立っていても座っていても、とにかく自分が楽な姿勢で、目をつむっても開けていても何でもいいです。

 

 

飲み物を片手に持ちながらでもいいので、ぼーっとしてみましょう。

 

食事のあとやお風呂の時

食事のあとは、血液が胃に集中するので、頭がぼんやりしやすい時です。

 

 

満腹感で幸せも感じていますし、ぼーっとする絶好のチャンスです。

 

 

満たされたお腹を心地よく感じながら、ぼーっとしてみましょう。

 

 

お風呂に入った時も、温かくて気持ち良いので、効果的です。

 

 

湯船に浸かりながら、ぼーっとしましょう。

 

日常的にぼーっとする時間を持つ

私は、靴下の穴を繕ったりすることが、けっこう好きなのですが、繕っているあいだは、縫物に全神経を集中しているわけではありません。

 

 

意識の半分くらいは、ぼーっとしていて、全然関係ないことを考えたりもします。

 

 

チクチク縫物をしながらも、ぼーっとできるので、好きなのかもしれません。

 

 

昔は、日常のほとんどのことを、自分たちの手を動かしてしていました。

 

 

箒で掃いたり、洗濯物はごしごし手洗い、着物を縫ったり、繕い物をしたり、水をまいたり…。

 

 

そういった単純作業では、意識の半分くらいは、ぼーっとしていられたのではないでしょうか。

 

 

脳の働きから見ても、ぼーっとすることは、けして時間を無駄にしているわけでも、必要のないことでもありません。

 

 

でももしかして、実は人間にとっては無駄なことこそが、大切なのかもしれませんね。

 

 

 

・・・・・・

ありがとうございました。


自己啓発ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 願望実現へ
にほんブログ村

この記事を書いている人 - WRITER -
星よみアロマヒーリングセラピスト aijyu.。ふたりの息子の母親。心の暗黒時代を経て、人は皆、自分自身を癒す力があることを実感。幸せのヒントを発信したり、人が自分の価値に気づき、人生を輝かせるためのお手伝いをしたいです。お問い合わせ等は随時受けつけてます。インスタグラムもよろしく。https://www.instagram.com/aijyunoki

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© わたしは幸せに生きていく , 2019 All Rights Reserved.