アロマヒーリング、星よみ、カウンセリングのトラインサイクルで

カウンセリングって?

 
  2019/09/29

 

 

 

 

 

アロマヒーリングと星よみとカウンセリング。

 

この3つは違うものですが、共通しているものがあります。

 

それは、幸せになるためのツールだということです。

 

カウンセリングは日常的に必要な技術

カウンセリングというと、悩みを自分で解決できない人や、心を病んでいる人が受けるもの、というイメージが強いようです。

 

 

欧米ではカウンセリングは、風邪をひいたら医者へ行くような感じで、生活の一部のような存在です。

 

 

疲れたら休むなど体のケアをするように、心もケアしてあげるべきなのです。

 

今までの精神論

「頑張らなくちゃ幸せになれない」「心が弱いから挫折する」など、今まで私たちが当然と思ってきた精神論は、実は私たちの心からの想いを抑えこむものでした。

 

 

個人個人が心で感じることは、社会的には「わがまま」「自己中心的」などと判断され、それらを封じ込めて社会のルールに従って生きることこそが幸せになる道だと思いこんできたのです。

 

 

いじめやDV、虐待などの社会的問題は、親から子へといったように、連鎖してくり返される傾向にあります。

 

 

その原因は、同じ心因的要因を解放できないまま、ただ受け継いでいるところにあります。

 

 

性格は、親子や血縁関係にあっても遺伝することはありません。

 

 

その人の性格は、持って生まれた気質と環境によって育っていくものです。

 

 

「親子で性格が似ている」と言われるのは、親が、子の環境であるせいなのです。

 

マイナス感情こそが大切

心の傷とは、小さいころに言われた傷ついた一言、嫌な想いをした経験などです。

 

 

それらは一度経験すると、解放されるまでずっと心の奥に残ったままです。

 

 

心の傷は、別の形になって表れて、くり返しあなた自身を苦しめます。

 

 

その心の傷に気づくチャンスが、あなたの心から湧き上がる「マイナス感情」です。

 

 

人を憎んだり恨んだり、嫌いだと感じるのは、そう思わせる心の傷があるからなのです。

 

マイナス感情から本当の自分を紐解いていく

カウンセリングでは嫌な出来事などからマイナス感情を出し、そこから自分自身の本当の気持ちを探っていきます。

 

 

嫌な出来事を思い出し、感情を再認識することは、とてもつらくお腹が痛くなったりします。

 

 

その痛みは、自分の心が、ずっと抱えつづけてきたものなのです。

 

 

あなたの心を傷を癒せるのは、あなた自身だけなのです。

 

アロマヒーリングや星よみとの関連性

星よみでも、これまで正しいと言われて、脈々と受け継がれてきた「幸せ論」などは、思いこみだとハッキリと言っています。

 

 

自分自身を知り、再認識し、生かしていくことが、幸せになることなのです。

 

 

マイナス感情に着目することは、アロマヒーリングで毒出しをしていくのと同じ過程です。

 

 

幸せは自分自身のなかにこそあるのです。

 

 

カウンセリングについて詳しくお知りになりたい方はこちらへどうぞhttps://nayamikaiketuadobaisu.jimdofree.com

 


Copyright© わたしは幸せに生きていく , 2019 All Rights Reserved.