アロマヒーリング、星よみ、カウンセリングのトラインサイクルで

お金と幸せを循環させる方法

2019/06/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -
星よみアロマヒーリングセラピスト aijyu.。ふたりの息子の母親。心の暗黒時代を経て、人は皆、自分自身を癒す力があることを実感。幸せのヒントを発信したり、人が自分の価値に気づき、人生を輝かせるためのお手伝いをしたいです。お問い合わせ等は随時受けつけてます。インスタグラムもよろしく。https://www.instagram.com/aijyunoki

お金も幸せも、循環を良くしてめぐらせることで、自分のところにもやってくる、と言われています。

 

循環を良くするためには、まずは自分が出すと良い、と言います。

 

自分から出して循環を良くして、お金と幸せをめぐらせる、ことについてお話ししていきたいと思います。

 

 

「循環する」ということの捉え方

よく、お金は使うことで良く回り、自分のところへより多くめぐってくるようになると言われています。

 

 

実はお金だけでなく、好意や感謝などの気持ちも同じなのです。

 

「受け取れない」人

私たちは基本的に、他人に対しては親切にするべきで迷惑をかけてはいけない、と思っています。

 

 

そのため、他人からの好意などを、素直に受け取れないこともあります。

 

 

好意を受け取ることは、相手の「モノ」を奪うことで、負担や迷惑をかけることだと、つい感じてしまうのです。

 

 

本当は、受け取ることで、くれた人と受け取った自分の、両方が幸せになれます。

 

 

「モノ」以上の幸せが、そこに生まれます。

 

 

受け取らない場合、くれようとした人と受け取らない自分の間に、本当は生まれるはずだった幸せが入るべき穴が、ポカンと空いてしまいます。

 

 

しかもせっかくの「好意」などを、誰も受け取らないまま、ゴミ箱に捨ててしまったことになります。

 

与えること自体が喜びである人

他人からの好意を受け取れない人は、「他人から与えられるより、他人へ与えること自体に喜びを感じる人」であったりします。

 

 

相手に負担や迷惑をかけるくらいなら、自分が損したほうがいいとさえ感じています。

 

 

そういった意味では、とても思いやりのある優しい人であると言えます。

 

 

ただ、「他人から受け取る」ことは、必ずしも「他人の負担や迷惑」ではありません。

 

 

勝手に「他人から何かを受けとること」は「他人にとっての負担や迷惑だ」と決めつけてしまっているのです。

 

 

「誰にも負担や迷惑をかけない自分」でいれば、自分自身を正当化できます。

 

 

自分にとって、人へ与えることが喜びがあるように、相手にとっても、他人へ与えること自体が喜びであるのではないでしょうか。

 

自分自身を「受け入れられない」ということ

相手にとっても「他人へ与えること自体が喜び」であるならば、自分も、相手も、同じです。

 

 

自分へ与えようとする相手の姿は、自分自身の姿そのものです。

 

 

相手から与えられたものを受け取れない、ということは、自分自身の姿を否定していることです。

 

 

自分が、自分自身を受け取れられない、ということです。

 

 

つまり、本当の意味で自分自身を受け入れることができていないのです。

 

 

「与えることだけが良いこと」と思いこみ、こちらから出すばかりでいると、何も入ってこなくなり、次第に自己犠牲的要素が強くなっていきます。

 

 

自分も相手も、無意識に否定しつづけているので、周りから断絶していきます。

 

循環させるためには「対」で考えるとよい

人はひとりでは生きていけません。

 

様々な面で周りと関わり、循環させることで、人としても幸せになれます。

 

呼吸のように「対」を意識する

生命活動の源である呼吸は、吐くと吸うが対になっています。

 

 

吐くばかりでも、吸うばかりでも、生きてはいけません。

 

 

他人の好意に甘えてばかりの甘ったれでは話になりませんが、与えてばかりの自己犠牲でもやがて行き詰まってしまいます。

 

 

与えたり、受け取ったり、その時々に相応しいことを、素直にただ、行えばいいのです。

 

 

与えることも、受け取ることもできるのが、人の器の大きさです。

 

 

自分は何もしてもらわなくてもいい、というのは、器が大きいとは言えません。

 

 

与える時もある、受け取る時もある。特定の相手との関係ではなく、人生という大きな視点から見てみましょう。

 

 

呼吸のように、対で考えるようにすると、物事がよりよく循環していきます。

 

良いことは常に回りめぐる

ウォルト・ディズニーは「ディズニーランドは人の創造力がある限り完成することはない」と言いました。

 

 

仏教の禅の思想でも、止まったものは死んだと同然とされています。

 

 

ですから、禅の世界では、何事も完成することはありません。

 

 

師が題目を出し弟子が答える禅問答も、これといった正解はありません。

 

 

答えを出す過程や、自分が出した答えについて考え続けることに意味があるのです。

 

 

生きているものは常に流れ、めぐっていきます。常に流れめぐるからこそ生きている、とも言えるのです。

 

留まらないことを恐れなくていい

人は、安定することで安心できます。

 

 

安定することで生きていけることが保証されるので、本能的なものです。

 

 

ですからつい、与えるとなくなる、受け取ると相手が減る、と心配してしまいます。

 

 

目の前のことだけでなく、「対」で見ることで、その心配はなくなります。

 

 

たとえばあなたが募金をしたら、なんとなく「良いことをした」と幸せな気持ちになりませんか?

 

 

そして募金をされた側は、金銭的支援を受けられます。

 

 

あなたのお金は減ったかもしれませんが、そのお金は有効に使われ、何より与えた側と受けとった側双方にとって、幸せなことになりました。

 

 

お金以上のものが、そこに生まれました。

 

 

ですから、誰かのものが「なくなる」と、恐れなくていいのです。

 

まとめ

「お金と幸せをめぐらせる方法」はいかかでしたか?

 

自分のもとへ引き寄せよう、留めよう、とすると、循環が滞り、めぐってくるものも来なくなってしまいます。

 

呼吸のような「対」の考え方を思い出して、幸せをめぐらせてくださいね。

 

 

ありがとうございました。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ニッポンのココロの教科書 日本にある世界一幸せな法則38 [ ひすいこたろう ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2019/6/25時点)

楽天で購入

 

 

 


自己啓発ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 願望実現へ
にほんブログ村

この記事を書いている人 - WRITER -
星よみアロマヒーリングセラピスト aijyu.。ふたりの息子の母親。心の暗黒時代を経て、人は皆、自分自身を癒す力があることを実感。幸せのヒントを発信したり、人が自分の価値に気づき、人生を輝かせるためのお手伝いをしたいです。お問い合わせ等は随時受けつけてます。インスタグラムもよろしく。https://www.instagram.com/aijyunoki

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© わたしは幸せに生きていく , 2019 All Rights Reserved.