アロマヒーリング、星よみ、カウンセリングのトラインサイクルで

お金でわかる、「今この世界」の外へ飛び出すチャンス

2019/09/27
 
この記事を書いている人 - WRITER -
星よみアロマヒーリングセラピスト aijyu.。ふたりの息子の母親。心の暗黒時代を経て、人は皆、自分自身を癒す力があることを実感。幸せのヒントを発信したり、人が自分の価値に気づき、人生を輝かせるためのお手伝いをしたいです。お問い合わせ等は随時受けつけてます。インスタグラムもよろしく。https://www.instagram.com/aijyunoki

星よみでの「同じ世界のなかにいたまま変わろうとして、ちょこちょこっと色々やっても効果ない」という言葉がグサッ! ときました。

 

 

確かに、その世界のなかにいる限り、その世界の価値観のなかにいるわけで、必要なのは、今いる世界を外側から客観的に観ることなんですよねー。

 

 

今いる世界の外に出るためには、どうしたらいいか?

 

 

観念や概念を変えていくこともそうだし、私は「お金」もそのひとつだと思います。

 

金銭感覚はその人の「世界」を表す

人によって金銭感覚って違いますよね。

 

 

同じような収入の家庭でも、使いみちによって、お金の感覚が違うこともあります。

 

 

「お金」って、自分が今いる世界を表している基準のなかでも、とっても分かりやすい目安だと思うんです。

 

「相場」の値段にどっぷり浸かっている

私たちは日々暮らしているなかで、「これはこのくらいの値段」と、大体の感覚を持っていると思います。

 

 

「普通このくらいの値段でしょ」という感覚にどっぷり浸かっていて、それが当然のように思ってしまいます。

 

 

なんとなく周りの人たちも、自分と同じような金銭感覚でいるように、勝手に感じてしまいます。

 

 

それが、あなたが今いる「金銭感覚の世界」です。

 

 

毎日食べる食パン、お米、野菜や肉、コーヒーや紅茶の値段…。

 

 

平均的な値段というは、その相場の人たちの割合が多いということで、それより相場が高い人たちも低い人たちも、けっこうたくさんいるわけです。

 

 

人は、世界を考える時にどうしても「自分」を判断の基準にしてしまいがちです。

 

 

「自分」を平均的だと捉え、「自分」が普通だと、いつのまにか思いこんでしまいます。

 

金銭感覚で交友関係も変わる

人とつきあっていくということは、一緒に食事したり出かけたり、贈り物をしあったり、ということもあるわけです。

 

 

「あの人と一緒に食事に行くと、料金が高い店ばかりなんだよな」「この人と一緒だと、お金ケチってつまらないんだよな」

 

 

ということがあると、金銭感覚が合わない人とは、疎遠になることもあります。

 

 

やはり金銭感覚が同じくらいの人といるほうが、自分の範囲内で許容できることが多いので楽です。

 

 

「お金」の感覚によって、無意識につきあう人を選んでしまい、そこでまた世界がひとつ決まってしまいます。

 

お金の値段を「世界」の判断基準にしてみる

「うっ、高い…」「こんなに安いの? 」など、値段に何かしらの抵抗なようなものを感じたら、あなたが今いる世界とは違う世界がそこにある、と思うことができます。

 

 

そして「「お金」が大切なら、まず「モノ」を大切にしよう」でも書いたように、その値段のお金を出すとい行為のその先に、何があるのかを考えてみます。

 

 

「今この世界にいるあなた」と違うあなたが想像できるのではないでしょうか。

 

 

それが実現したら、あなたが「今この世界」から外へ出たことの、ひとつの証拠になります。

 

ひとつ上のグレードを試してみる

ハッピーちゃんが言っていたように、いつもより高いコーヒーを買うことも、今この世界から飛び出すことのひとつです。→「お金はなぜ力を持っているのか、「大切なモノ」は何?

 

 

コーヒーじゃなくても、パンでもジュースでも、豆腐でも牛乳でもいいです。

 

 

食べ物じゃなくても、カップや皿、箸や茶わん、鍋やしゃもじなど、日常使う道具でもいいです。

 

 

ひとつ上のグレードを選ぶたびに、あなたの世界はひとつずつ、少しずつ変わっていきます。

 

 

私も以前は、一番安めの入浴剤を使っていたのですが、ある時「入浴剤は直接肌に触れるから体に影響がないわけがない。化学物質とかよりも、体に良い成分の入浴剤のほうがいいに決まってる」と思いました。

 

 

最高級品まではいかなくても、そこそこの値段で、体に良い成分の入浴剤を買うようにしましたら、それが当然になり、別に家計に影響を与えているわけでもありません。

 

その先にあるものを見据えて思い切って出す

「「お金」が大切ならまず「モノ」を大切にしよう」でも書きましたが、カウンセリングなどは、日常的な金銭感覚とは別のものです。

 

 

「別のもの」と思えること自体、「今この世界」から外へ出てみないと分からないことかもしれません。

 

 

私もカウンセリングを受けようとしたときは、「別のもの」と思えませんでした。

 

 

でも「今こうして同じ悩みでぐるぐる回っているよりは、思い切って出してみよう」という想いが高まっていた時でありました。

 

 

「思い切って出した」結果、それをきっかけに、はじめは数か月単位で、しだいに月単位で、世界がどんどんスピードアップしながら変わり始めました。

 

 

「思い切る」とは「思い」を「切る」。

 

 

今まで自分がどっぷり浸かっていた、当然すぎて気づかなかった「思い」を、断ち「切る」ことです。

 

 

誰にでも「よく分からないけど思い切って出す」必要にせまられる時があるのではないでしょうか。

 

 

その時に「思い」「切って」出すか、「思い」「切れず」に出せないか、で「今この世界」から抜け出せるか、抜け出せないかが、決まることもあるのかもしれません。

 

「抵抗」や「違和感」は「世界の限界」を知らせるチャンス

「お金」に限らず、人の言動、あるいは人自身、習慣やルールなどに対して、「抵抗」や「違和感」のようなものを感じることがあります。

 

 

「抵抗」や「違和感」は、今、自分が自分の「今この世界」の端っこにいるサインだと思います。

 

 

端っこにある境界線にぶつかっているから、「抵抗」や今までと違う世界を垣間見ている「違和感」を感じるのでしょう。

 

 

自分が知らない未知の世界へ踏み出すことは、恐いです。

 

 

恐いけど、行ってみなければ何があるかわからないし、今までの自分が居た世界を知ることもできないのです。

 

 

自分が居た世界や、自分の正体を知る勇気がない人は、外へ出ることはできないでしょう。

 

 

 


自己啓発ランキング

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 願望実現へ
にほんブログ村

この記事を書いている人 - WRITER -
星よみアロマヒーリングセラピスト aijyu.。ふたりの息子の母親。心の暗黒時代を経て、人は皆、自分自身を癒す力があることを実感。幸せのヒントを発信したり、人が自分の価値に気づき、人生を輝かせるためのお手伝いをしたいです。お問い合わせ等は随時受けつけてます。インスタグラムもよろしく。https://www.instagram.com/aijyunoki

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© わたしは幸せに生きていく , 2019 All Rights Reserved.