アロマヒーリング、星よみ、カウンセリングのトラインサイクルで

「金星と火星の結び」が起きる2019年8月23日金曜日

2019/08/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
星よみアロマヒーリングセラピスト aijyu.。ふたりの息子の母親。心の暗黒時代を経て、人は皆、自分自身を癒す力があることを実感。幸せのヒントを発信したり、人が自分の価値に気づき、人生を輝かせるためのお手伝いをしたいです。お問い合わせ等は随時受けつけてます。インスタグラムもよろしく。https://www.instagram.com/aijyunoki

2019年8月21日の会合はいかがでしたか。

 

水星と木星の開きでしたね。

 

次の会合は、2日後の8月23日金曜日、金星と火星の結びが起こります。

 

その次は、8月25日、26日と、続けて会合が起こります。ワクワクしますねー。

 

「水星と木星の開き」のふりかえり

長い盆休み中具合が悪かった子どもが、ようやく保育園へ行き、ホッとした日でありました。

 

 

暑さのせいなのか、ふたりの子どもが順番に具合悪くなった看病疲れか、身体がダルーくて、家でぼんやり気ままな時間を過ごしていました。

 

給湯器要注意?

会合が起きる8月21日の前の晩、入浴中に外の給湯器が変な音がしていることに気づきました。

 

 

風呂の「おいだき」ボタンを押すと、キュイーンギュギュギュー、と聞こえます。

 

 

ボタンを押して止めると音も止まり、また押してみると音がしました。

 

 

夏で暑いので窓を少し開けておいたため、音が聞こえたと思われます。

 

 

ご近所の話し声もボソボソと聞こえてきますから、給湯器の変な音も騒音となって聞こえていると思い、「おいだき」はやめました。

 

 

まだ会社にいる夫にメールで相談したところ、次の会合日の昼過ぎにはガス屋に連絡して、現段階では様子見でいいと言われたと、教えてくれました。

 

 

腰が重い夫にしては素早い対応だったので感心しました。

 

名刺作成

アロマセラピニストとして仕事をしていくために、自分の名刺を作りました。

 

 

2、3日前からパソコンで原稿を作って、ちょうど会合日に印刷してみました。

 

 

うーん、嬉しいですね。

 

 

友人がやっているお店にでも、置いてもらおうかな、と思いました。

 

 

持ち歩き、機会があったら人にも見せられますしね。

 

自己内省

会合日の数日前から、「夫が変わらないのは、私が変わってないということなのかな…」と感じてしまっていました。

 

 

自分自身ではやりたいことに次々チャレンジし、たくさん気づきもあり、どんどん軽く楽になっていると感じているのに。

 

 

アロマヒーリングの方が言っていたように「まだ足りない」のでしょうか。

 

 

なんか疲れちゃったなあ~…、と感じてしまうこの頃です。「自分ではどうしようもないこと」なんでしょうかね。

 

 

って考えこんでしまうのは、「疲れてるから」なのかな、とも思いました。

 

 

長い休みは、主婦にとってはホンットウに気が重い! ですよね。

 

 

自分を責めちゃいけない、と言いますが、じゃあ一体どうしたら良いのでしょうかねえ…。

ふりかえりのまとめ

今回の会合をふりかえってみると、

 

・情報の伝達と整理があった

・不特定多数の周りの皆さんや特定の相手に対しての自分、を考えることがあった

 

って感じがします。

 

水星と木星の開きと、関連しているといえばしているし、自分が勝手に結びつけて考えているといえばそうなのかもしれません。

 

 

2019年8月23日金曜日の「金星と火星の結び」

金星は、愛や美しさ、豊かさなどの女性らしさを象徴しており、ゆっくり、じんわり、感じる、満ちる、といった感覚を表しています。

 

 

火星はエネルギッシュで、湧き上がる想い、外へ向かう力、行動力やパワー、などのエキサイティングな星です。

 

 

結びはそれらが一体になる、活性化する、ひとつになる、ことを意味する。

 

 

どちらかというと正反対の意味を持つもの同士がひとつになる、ということは、どういうことなのでしょうか?

 

 

結びの時間は、23日の午前3時15分頃、ということです。

 

「火星と金星の結び」の解釈

私なりの解釈をしてみました。

 

 

「想いや行動することなどが明確になり、パワーが溢れて実際に行動を起こすことができる。願いが実現したり人へ届いたりする」

 

 

など、満足感、安心感を得られることが起こりやすくなりそうです。

 

二十四節季「処暑」のはじまり

8月23日金曜は「処暑」に入る日でもあります。2019年は9月7日までが「処暑」で、9月8日から「白露」に入ります。

 

 

23日から27日火曜までが「処暑」の七十二候の初候「綿柎開(わたのはなしべひらく)」です。

 

 

「処暑」は「暑さがおさまってくる頃」という意で、綿の花を包むがくが開いてくる季節、ということです。

 

 

 

実際にはまだまだ暑いこの季節、食べると良いと言われているものは、サンマと大根おろしの黄金コンビ、秋ナス、だそうです。

 

 

焼きナスにショウガを添えて食べるのが大好きです。

 

 

今年はサンマが不漁だということで、食卓まで届くでしょうか。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
星よみアロマヒーリングセラピスト aijyu.。ふたりの息子の母親。心の暗黒時代を経て、人は皆、自分自身を癒す力があることを実感。幸せのヒントを発信したり、人が自分の価値に気づき、人生を輝かせるためのお手伝いをしたいです。お問い合わせ等は随時受けつけてます。インスタグラムもよろしく。https://www.instagram.com/aijyunoki

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© わたしは幸せに生きていく , 2019 All Rights Reserved.